ビハキュアが”逆効果”になってしまう原因と対策

美白化粧品が”逆効果”になってしまう原因と対策 ビハキュア基礎知識

美白化粧品が”逆効果”になってしまうことってありますよね。

MISATO
MISATO

私は今でさえビハキュアを使って逆効果に感じることもなくなりましたが、それまでは美白化粧品を使っているのに「効果が感じられない‥もっともひどくなたのでは‥?」と思うことがありました。

そこで原因と対策をいろいろと考えて今ではビハキュアに落ち着きましたが、そのときに美白化粧品の逆効果について調べた経験をシェアしようと思います。

  • 美白化粧品が逆効果に感じるときの原因。
  • 美白化粧品が逆効果に感じさせないための対策。

などについて詳しくお伝えしていきます。

美白化粧品が”逆効果”に感じるときは?①成分をチェックする

美白化粧品が”逆効果”に感じるときは?①成分をチェックする

MISATO
MISATO

美白化粧品には、さまざまな添加物が含まれている場合があります。

添加物は化粧品の機能を高めたり品質を保持するためなどの役割があるのですが、使用する人の体質や体調によっては逆効果になってしまうことがあります。

美白化粧品には紫外線対策のためによく配合されている添加物として「紫外線吸収剤」がありますが、この紫外線吸収剤が原因でより強い日焼けをしてしまう可能性があります。

美白化粧品 逆効果

紫外線吸収剤は紫外線を吸収して熱エネルギーなどに変換し放出することで、紫外線が肌細胞に届かないようにするためのものです。紫外線吸収剤が紫外線を強力にブロックしてくれるおかげで日焼けを防ぐことが期待できます。

しかし紫外線吸収剤は紫外線と反応した際に化学反応を起こし、

肌にとって刺激が強い物質に変化してしまいます。

MISATO
MISATO

この物質により肌がダメージを受けて強い日焼けを起こしたり、シミの原因になってしまうなど逆効果になることがあります。

また紫外線に反応して変化した物質により肌がアレルギー反応を起こしてかぶれたり、チクチクとした刺激を感じることもあります。

紫外線吸収剤は日焼け止めをはじめ、化粧水などのスキンケア商品に含まれていることもあります。

対策としては、紫外線吸収剤フリーの日焼け止めや美白化粧品を選ぶようにするとよいです。私が使ってるビハキュアはそんなことを気にしなくていいのでおすすめですよ。

美白化粧品が”逆効果”に感じるときは?②ライフスタイルをチェックする

美白化粧品が”逆効果”に感じるときは?②ライフスタイルをチェックする

MISATO
MISATO

美白化粧品を使用していても「ライフスタイル」が原因で

美白化粧品の効果を妨げてしまうことがあります。

化粧品にはビタミンCが含まれているものがたくさんあるので、肌のためにビタミンCが豊富な柑橘類を食べている方もいらっしゃるかもしれません。

例えば朝に柑橘系の果物を食べることは肌に良さそうに思えますが、肌の美白という面では逆効果。なぜなら柑橘類に含まれる「ソラレン」という成分は、紫外線の吸収を高めてしまう働きがあるためです。

そのため食後に紫外線を浴びる機会が多い朝食時に、

柑橘類を食べることは美白に逆効果となります。

ソラレンが多く含まれる食材は、柑橘類以外にもキウイ・キュウリ・ブロッコリーなど朝食で食べる機会が多いものもあります。これらの食材を食べてしまうと、美白化粧品を使用していても身体は「紫外線を吸収しやすい状態」が続いてしまいます。

美白のための対策として、柑橘類などソラレンを多く含む食材は朝食以外の食事で摂るのがよいです。ソラレンは摂取した2時間後くらいから紫外線の吸収が高まるとされているので、ソラレンを含む食材は紫外線を浴びる時間から逆算して摂るようにしましょう。

柑橘類はビタミンC以外の栄養も豊富な優れた食材なので、午後以降は積極的に取り入れたいですね♪

美白化粧品が”逆効果”に感じるときは?③使ってるスキンケアをチェックする

美白化粧品が”逆効果”に感じるときは?③使ってるスキンケアをチェックする

MISATO
MISATO

美白化粧品を使用する以外のスキンケアを並行して取り入れている方もいらっしゃるかもしれません。しかし併用する化粧品の成分によっては逆効果になることがあります。

美白化粧品はシミや日焼けの原因である「メラニン」が合成されないように、メラノサイトという細胞のはたらきを阻害する成分が含まれることがあります。

しかし”メラノサイトの活動を阻害する”ことは肌本来の働きを妨げていることになるので、肌のバリア機能が低下する可能性があります。この状態でさらに肌に負担がかかる美容法を取り入れてしまうと肌への負担が大きすぎて逆効果になることがあります。

美白化粧品 逆効果

例えばシミや色素沈着対策のスキンケアとしては”ピーリング化粧品”を使用する方法があります。ピーリングは古い角質を取り除くことで肌の再生力を高め、ターンオーバーを促してくれるものです。

しかしピーリングにはサリチル酸など肌に強い刺激を与える成分が配合されていることもあり、過剰に使用すると肌にダメージを与えてしまいます。

美白化粧品 逆効果

美白化粧品を使用していて肌がいつもより敏感になっている状態の時は、

特に肌荒れしやすくなっています。

肌荒れを防ぐ対策として美白化粧品を使用している際は、ピーリングなど肌への負担が大きい美容法は避ける方が良いです。どうしても使用したい場合は「保湿を念入りに行う」などの対策をする必要があります。

したがって同時に使っているスキンケアもチェックなさってみることをおすすめします。私が使っているビハキュアのように「オールインワンタイプの美白化粧品」であれば煩わしさから解放されますよ♪

美白化粧品が”逆効果”になってしまう原因と対策まとめ

美白化粧品が”逆効果”になってしまう原因と対策まとめ

美白化粧品が”逆効果”になってしまう原因と対策についてまとめます。

  • 美白化粧品に使われている成分をチェックする。
  • ライフスタイル(紫外線の関係など)をチェックする。
  • ピーリングなど刺激の強い化粧品を併用していないかチェックする。

この中でも特に注目しておきたいのが「成分」です。

MISATO
MISATO

美容成分はまだいいですが添加物関係が多く使われていると逆効果の可能性を高めますので、出来れば無添加で植物由来の天然成分によって構成されている美白化粧品がおすすめです。

私もビハキュアを使い始めたのは無添加で植物由来の天然成分で作られた、めっちゃ肌に優しい美白化粧品という事が徹底調査をして分かったから。

ぜひ美白化粧品を逆効果にしないよう、お伝えしたポイントをチェックなさってみてくださいね♪

私のビハキュア口コミ体験談♪

ビハキュアがAmazon(アマゾン)より安い口コミ情報

\\ 大損注意!//
ビハキュアがAmazonより安いのはココ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました